• このエントリーをはてなブックマークに追加

すそわきがをビューホットで東京で治療する方法

陰部から悪臭がするすそわきがは、女性にとっては大きな悩みです。すそわきがの臭いは強烈ですので、スメルハラスメントの原因になることもあるので、適切な治療を受けることが望まれます。
すそわきがをビューホットで東京で治療できる方法があり、美容外科に通うとすそわきがを治療できます。患部にラジオ波を照射することで治療ができるため、外科手術のような苦痛を感じることなく、とても簡単にすそわきがを治療することが可能です。すそわきがが治るだけでなく多汗症も同時に治るので、多汗症の悩みも解決できます。
美容外科では施術の前にカウンセリングが行われ、医師にすそわきがの悩みを話すことができます。医師は患者様の立場で、患者様の悩みを解決するために尽力してくれます。費用についてもカウンセリングできちんと説明してくれるので安心です。

ビューホットによるすそわきがの治療の詳細

ビューホットで治療を行っている東京の美容外科では、安全性を配慮した方法で施術が行われます。すそわきがはデリケートな部位の治療になるため、患者様のプライバシー保護も徹底されているので安心です。
施術の具体的な内容は、患部を消毒したうえで局所麻酔を行ってから施術が行われます。局所麻酔を打つため、施術中に痛みを感じることはなく、ベッドに寝ているだけで施術は終わります。静脈麻酔も打つので、心地よい気持ちになってきて眠ることができます。
麻酔が効いてきたら医療機器を使って患部にラジオ波を照射して汗腺を破壊します。臭いの元になっている汗腺を破壊するため、すそわきがの悪臭は完全に無くなり、すそわきがの悩みが根本的に解決します。また、汗腺を破壊することで、デリケートゾーンが汗ばむことも無くなります。

すそわきがの治療後のケアについて

施術後のダウンタイムは1週間程度で、ラジオ波を照射した部位に小さなかさぶたができます。かさぶたはずっと残るようなことはなく、1週間程度経過すると自然に剥がれるので安心です。術後に入院する必要はなく、日帰りで治療することが可能になります。かさぶたが剥がれた頃に、経過観察のために通院することが必要になりますが、医師が診察して問題がなければ施術は成功です。
傷跡は施術後1ヶ月以内に消えますので、傷跡が残るようなことはありません。人によっては1ヶ月を経過しても傷跡が消えないことがありますが、遅くても3ヶ月以内には傷跡は目立たなくなります。施術の効果は半永久的に続き、再施術を受けることもありません。消臭効果と制汗効果は非常に優れており、すそわきがの臭いの悩みは解消します。

無理な勧誘一切無し!価格は医師が明確に提示します。 本格的な美容外科手術も短いダウンタイムで施術可能となっております。 脇の気になる匂いも多汗も暑くなる前に治療が可能です。 お友達紹介割引やリピート割引をご用意しております。 施術前のカウンセリングと施術後の検診は無料です。 院長の丸山は形成外科専門医として、多くの医師の教育に携わっており、医師からの信頼が厚いです。 東京でのビューホット治療はマイアミ美容外科